コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顆粒層ルテイン細胞 かりゅうそうるていんさいぼう

世界大百科事典内の顆粒層ルテイン細胞の言及

【性器】より

…排卵のあとの卵胞はゆるんで,ひだがよった形になって血液を含んだ液胞を囲むが,2~4日のうちに顆粒層細胞が大きくなって厚い層をなすようになるとともに内卵胞膜の細胞も大きくなり,黄体とよばれる組織を作る。肥大した顆粒層の細胞は顆粒層ルテイン細胞とよばれ,内卵胞膜の細胞は卵胞膜ルテイン細胞とよばれる。両ルテイン細胞は内分泌細胞であって,黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌する。…

※「顆粒層ルテイン細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android