コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顆粒層ルテイン細胞 かりゅうそうるていんさいぼう

世界大百科事典内の顆粒層ルテイン細胞の言及

【性器】より

…排卵のあとの卵胞はゆるんで,ひだがよった形になって血液を含んだ液胞を囲むが,2~4日のうちに顆粒層細胞が大きくなって厚い層をなすようになるとともに内卵胞膜の細胞も大きくなり,黄体とよばれる組織を作る。肥大した顆粒層の細胞は顆粒層ルテイン細胞とよばれ,内卵胞膜の細胞は卵胞膜ルテイン細胞とよばれる。両ルテイン細胞は内分泌細胞であって,黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌する。…

※「顆粒層ルテイン細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone