飾金具(読み)かざりかなぐ

世界大百科事典内の飾金具の言及

【建築金物】より

…かつては,カタログは同じ機能をもつ金物の意匠の違いを選択するものであったのが,現在では必要とされる機能をもつ製品検索のためのものとなっている。【鈴木 博之】
[日本]
 日本建築における金物は,構造用の補強金物,装飾用の飾金具(錺(かざり)金具),実用的な建具の支持金具や戸締め金具,建物を荘厳(しようごん)するための屋上飾,軒風鐸(のきふうたく),高欄擬宝珠(こうらんぎぼし)などに分けられる。補強金物は,長押(なげし),垂木(たるき),裏板などを打ち止める釘,扉板など厚い板をはぎ合わせる合釘(あいくぎ),床板や縁板を裏から根太(ねだ)に引きつける目鎹(めかす),二つの材を引き合わせる(かすがい)などがあり,古代から用いられている。…

【建築装飾】より

…しかし,建築装飾には象徴的な意味の伝達機能があるという肯定的評価も根強い。【鈴木 博之】
【日本】
 日本建築のおもな装飾法は,部材に刳形,絵様をつけ,彫刻を付加すること,塗装,彩色や漆塗を施すこと,飾金具を打つことなどである。
[刳形,絵様,彫刻]
 刳形は,建築,家具,器物などの仕上げにおいて,部材を刳ってつくる装飾的な形で,猪目形(いのめがた),葉入り(よういり),洲浜形などがある。…

※「飾金具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

飾金具の関連情報