コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場大助 ばば だいすけ

2件 の用語解説(馬場大助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場大助 ばば-だいすけ

馬場仲達(ばば-ちゅうたつ)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

馬場大助

没年:明治1.9.10(1868.10.25)
生年:天明5(1785)
江戸後期の旗本,本草家。江戸生まれ。名は克昌,仲達,字は利光,通称は大助,号は資生圃。父は日光奉行馬場讃岐守尚之。文化9(1812)年家督を相続。美濃国釜戸(瑞浪市)などに所領2000石。西之丸目付のち西之丸留守居。本草を設楽貞丈に,絵画を増島雪斎に学ぶ。天保8(1837)年幕命により関八州,伊豆を巡察。富山藩主前田利保が江戸で主宰した本草同好会赭鞭会の有力会員で,麻布飯倉の自邸内に多数の舶来植物を植え,それらを写生して『舶上花譜』をつくる。また岩崎灌園の『本草図譜』の不足を補うため花卉花本3201種の彩色図説『群英類聚図譜』全78巻を著した。<著作>『詩経物産図譜』『遠西舶上画譜』

(遠藤正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone