馬歯種(読み)ばししゅ

世界大百科事典内の馬歯種の言及

【デントコーン】より

…トウモロコシのなかで馬歯種とも呼ばれる品種群。粒(穎果(えいか))の側面は角質化し,頂部は軟質デンプン組織であるため,完熟すると頂部がくぼみ,臼歯形となる。…

【トウモロコシ(玉蜀黍)】より


[品種]
 トウモロコシは,その粒の形状や胚乳の質に基づいて以下の8変種の品種群に区分される。馬歯種var.indentata Sturt.(イラスト)はデントコーンdent cornとも呼ばれ,果粒の側面が硬質,中央先端部が軟質で,成熟すると頂部がくぼむ。草丈は4mほどになり,子実収量が高い。…

※「馬歯種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android