コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅逓局貯金 えきていきょくちょきん

世界大百科事典内の駅逓局貯金の言及

【郵便貯金】より

…そこで郵便貯金制度は,政府の信用を背景とした確実な貯蓄手段を提供することによって,国民一般の間に勤倹貯蓄の美風を養い,その生活の安定を図ると同時に,日本の近代化のための産業資本の蓄積を図るという目的をもって始められた。当初その名称は,単に〈貯金〉となっていたが,民間銀行の発達に伴って,混乱を避けるために〈駅逓局貯金〉となり,87年から〈郵便貯金〉となった。発足初年末の郵便貯金残高は1万5000円にすぎなかったが,以来,1908年1億円,23年10億円,42年100億円と増加し,その資金は大蔵省預金部(1951年から資金運用部)に預託され,殖産興業・富国強兵のため利用された。…

※「駅逓局貯金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone