コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉宮(読み)たかくらのみや

世界大百科事典内の高倉宮の言及

【以仁王】より

…兄の守覚法親王が早くに出家したため,普通には第2皇子といわれる。三条宮,高倉宮とも称し,のち挙兵時には最勝(親)王と号した。幼少のおり天台座主最雲の弟子となったが,師の没後還俗(げんぞく)し,65年(永万1)元服。…

※「高倉宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる