コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉宮 たかくらのみや

1件 の用語解説(高倉宮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高倉宮 たかくらのみや

以仁王(もちひとおう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の高倉宮の言及

【以仁王】より

…兄の守覚法親王が早くに出家したため,普通には第2皇子といわれる。三条宮,高倉宮とも称し,のち挙兵時には最勝(親)王と号した。幼少のおり天台座主最雲の弟子となったが,師の没後還俗(げんぞく)し,65年(永万1)元服。…

※「高倉宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高倉宮の関連キーワード以仁王仁王力足利忠綱有栖川宮栽仁王五智院但馬栽仁王治仁王彦仁王山内首藤俊秀渡辺競

高倉宮の関連情報