仁王(読み)ニオウ

  • におう〔ワウ〕
  • にんおう ‥ワウ
  • にんのう
  • にんのう ‥ワウ
  • 仁王 におう
  • 仁王/二王
  • 狂言

デジタル大辞泉の解説

寺門の左右にあって、その忿怒(ふんぬ)の形相敵を払う守護神。ふつう二神一対で、一体は口を開いた阿形(あぎょう)、もう一体は口を閉じた吽形(うんぎょう)とする。金剛力士
狂言。(なにがし)が無一文の男を仁王に仕立てて参詣人供物を集めるが、足の不自由な男が仁王とを結びたいと身体をなで回し、正体がばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仏教の守護神。
二王ともかき,金剛神・金剛力士ともいう。寺門(仁王門)の左右に安置され釈尊をまもる。元来はインド神話の神で,武装姿もあるが,日本では裸姿の力士像がおおい。むかって右像は金剛杵(しょ)をもち口をあけた阿形(あぎょう)で,左像は口をとじた吽形(うんぎょう)。法隆寺中門像(塑造),東大寺南大門像(木造)が有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

仏教の寺院において,門の左右に安置される2体の力士形の尊像に対する総称で,二王尊,二天王,二天などとも呼ばれ,二王とも書く。大多数の作例は上半身が裸形の像であるが,古い時代の作例には(よろい)を着けた武将像もある。伽藍と仏の守護神であり,外敵を威嚇する身振りと表情を表し,一般的には正面から見て右側の像は左手金剛杵(こんごうしよ)を持ち一喝するように口を開け,左側の像は右手の指を開き怒気を帯びて口を結ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

狂言の一。負けのこんだ博打ばくち打ちが、仁王になりすまし、大勢の人から賽銭を得るが、参詣人に体をくすぐられ、化けの皮がはがれる。
仁徳のある王。
人皇にんのうに同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「にんおう」の連声)
[1] 〘名〙
① 人民をいつくしむ徳のたかい王。仁徳の王。
※末法燈明記(801)「夫範衛一如。以流化者法王。光宅四海。以垂風者仁王」
[2]
[一] 推古天皇三一年(六二三)から五年間、または、一二年間に当てられた私年号。
※二中歴(1444‐48頃か)二「仁王十二年 癸未自唐仁王経渡仁王会始」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁王の関連情報