コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高解像度 こうかいぞうど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

高解像度

画面や印刷が精密なこと。通常解像度単位長あるいは単位面積あたりの画素数で表わす。(1)コンピュータのディスプレイの場合画面を構成する画素数が多いこと。Macintoshの場合、640×480ドットや800×600ドット、1024×768ドット、1280×960ドット、1280×1024ドット、1600×1200ドットなどさまざまな解像度が使用される。(2)プリンターの場合は1インチの長さに印刷できるドット数を解像度と呼ぶ。単位はdpiで表わし現在標準的なレーザープリンターの解像度は600dpi程度。(3)スキャナーの場合は、原稿を1インチの長さあたり、どのくらい数の画素が割り当てられるかを言い、dpiあるいはppiの単位で表わす。読み取る原稿の大きさによって解像度の違いがあり、低価格のA4等の反射原稿を読み取るフラットベッドスキャナーでは400dpiから1200dpiが標準的。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうかいぞうど【高解像度】

標準的なシステムより解像度が高いこと。主に表示システムの解像度に関して使われる。ハイレゾリューション。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高解像度の関連キーワードハイレゾリューション(ハイレゾ)音源グラフィックスアクセラレーター窒化ガリウム系半導体レーザーRetina displayグラフィックアクセラレーターマーズリコネサンスオービタードットマトリクスプリンタールナリコネサンスオービターDisplay Port衛星リモートセンシング法共焦点レーザー顕微鏡プレビューウィンドウディスプレーポートワークステーションフィルムスキャナー事象の地平線望遠鏡ハイデフィニションイメージセッターFlashPixドラムスキャナー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高解像度の関連情報