高高度乱気流(読み)こうこうどらんきりゅう

世界大百科事典内の高高度乱気流の言及

【航空気象】より

…(4)山岳波の中の乱気流 一般流と山の風下波との相互影響でできる。(5)高高度乱気流 およそ6km以上の高度で発生し風のシアーでできる。大気乱流を起こす渦のうち,航空機に影響を及ぼす渦の大きさは,航空機のサイズと同じくらいのもので,ふつう直径50~500フィート(15~150m)くらいである。…

※「高高度乱気流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android