鬼首発電所(読み)おにこうべはつでんしょ

世界大百科事典内の鬼首発電所の言及

【鬼首温泉郷】より

…また宮沢から6kmの赤沢の東岸にも雌釜および雄釜の間欠泉があって特別天然記念物に指定されているが,1948年の台風災害以来噴泉が止まっている。荒雄岳の南麓には泥火山の片山地獄があり,付近には75年地熱発電所の鬼首発電所(最大出力1万2500kW)が運転を開始した。付近一帯は鬼首高原と呼ばれて,栗駒国定公園に指定され,ブナの原生林をはじめ森林美と渓流美に加え,間欠泉,アーチ式の鳴子ダムの景観もよく,新緑・紅葉の観賞,冬のスキーなど観光客が多い。…

※「鬼首発電所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android