魏公(読み)ぎこう

世界大百科事典内の魏公の言及

【李密】より

…乱の敗北で捕らわれるが脱走し,長い亡命生活の末に瓦崗(がこう)(河南省)の賊帥翟譲(たくじよう)の参謀となる。617年瓦崗軍を動かして興洛倉(河南省)を占拠し民衆に広く開放,勢力の拡充を果たすが,これを機に翟譲との関係が深刻化し,ついに彼を殺して全権をつかさどり,魏公と称した。その結果反乱諸集団の相つぐ帰属をみ,隋朝にとって代わりうる勢力として注目を集めたが,宿敵王世充に敗れ,長安の李淵(後に唐の高祖)に下った。…

※「魏公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android