コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥座/鳥栖/塒 トグラ

デジタル大辞泉の解説

と‐ぐら【座/×栖/×塒】

鳥のねぐら。とや。
「風吹けばゆるぎの森のひとつ松まつちの鳥の―なりけり」〈曽丹集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥座/鳥栖/塒の言及

【四府駕輿丁座】より

…15世紀前半,四府駕輿丁に属する120人余の米売が穀倉院に対する課役を請け負っていたが,約100年後に彼らは上下京の米座のうち下京の米座を構成していた。また三条,五条,七条の3ヵ所でオオカミ,猿,ウサギなどを商う鳥座のように,それぞれ内蔵寮,長橋局,四府駕輿丁に属している例もある。本所を異にした商工業者の間でさえも同業者の組織化が進んでいったのである。…

※「鳥座/鳥栖/塒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥座/鳥栖/塒の関連キーワードV.A. アンバルツミヤンヘルマン・C. フォーゲルバイエル星名システムアルビレックス新潟J.S. ヘイブラックホールきょしちょう座相模人形芝居夏の大三角形ふうちょう座はくちょう座生田 蝶介超新星残骸平塚(市)シグナスANML天体白鳥座A北十字星電波銀河神田 茂