コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽丹集 ソタンシュウ

2件 の用語解説(曽丹集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そたんしゅう〔ソタンシフ〕【曽丹集】

平安末期の私家集。1巻。曽禰好忠(そねのよしただ)の作。毎月集と百首および源順(みなもとのしたごう)の答歌百首などからなる。書名は曽禰好忠が丹後掾(たんごのじょう)であったところからの名。曽禰好忠集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽丹集
そたんしゅう

平安前期の歌人曽禰好忠(そねのよしただ)の歌集。「曽禰好忠集」または「好忠集」ともいう。現存伝本は、流布本と異本の二系統に分かれる。流布本は元禄(げんろく)8年版本、群書類従262所収本、天理図書館善本叢書(そうしょ)4所収本であり、その最古写本は天理図書館本である。これに対して歌の出入りや配列、本文異同のある書陵部蔵伝為相(ためすけ)筆本や古筆切れ(曽丹集切れ)がある。流布本は、〔1〕毎月集(360首)、〔2〕好忠100首、〔3〕つらね歌13首、〔4〕源順(したごう)の答歌100首、〔5〕増補歌3首からなる。〔1〕は972年(天禄3)ごろ、〔2〕は960年(天徳4)ごろの成立といわれ、平安末期には〔1〕から〔5〕までを具備した現存形態の『好忠集』が成立していたといわれる。百首歌は好忠の創出で、四季・恋・物名歌といった主要な部立が百首という定数歌で詠まれたことが特色であり、それが評価されて恵慶(えぎょう)、源順、源重之(しげゆき)らにも詠まれ、以後多くの人が詠むようになった。[島田良二]
『神作光一著『曽禰好忠集の研究』(1974・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽丹集の関連キーワード曽禰荒助私家集拾玉集草根集長秋詠藻壬二集六家集草径集小侍従集曾丹

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone