コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻池宗貞 こうのいけ むねさだ

2件 の用語解説(鴻池宗貞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鴻池宗貞

江戸中期の茶人。豪商鴻池家四代。三代宗利の長子。大坂生。名は善次郎、通称は善右衛門、号は宗羽・練磨斎。歌舞音曲など風雅を好み、茶湯は表千家七世如心斎に入門する。奥儀に達し、後年に鴻池蔵帳で知られる名物類を蒐集した。延享元年(1744)歿、46才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone