コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴脛湯 つるはぎのゆ

百科事典マイペディアの解説

鶴脛湯【つるはぎのゆ】

脛を傷つけたツルがきて水に浸り,その傷をなおしたのを見て発見したという温泉。山形県上山(かみのやま)市鶴脛湯,同県鶴岡市温海温泉(鶴の湯)など。同系に鳩湯,鷲の湯,鹿の湯,猪戸温泉などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の鶴脛湯の言及

【上山[市]】より

…中心地上山は城下町,羽州街道の宿場町として,また中世以来の温泉場として発達した。上山温泉は市街地にあって,長禄年間(1457‐60)に僧月秀が発見したといわれる旧湯鶴脛湯(つるはぎのゆ)と,1920年に掘削され近代的旅館・ホテルの多い新湯とに分かれる。ほかに南に河崎・高松・葉山の温泉があり,泉質はいずれも弱食塩泉,泉温60℃前後である。…

※「鶴脛湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴脛湯の関連キーワード上山[市]