麓山祇・羽山津見(読み)はやまつみ

精選版 日本国語大辞典の解説

はやま‐つ‐み【麓山祇・羽山津見】

山のふもとをつかさどる神。「記紀」では、伊邪那岐命が火の神迦具土(かぐつち)を斬ったとき、その右手から生成したとされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる