記紀(読み)きき

精選版 日本国語大辞典「記紀」の解説

き‐き【記紀】

古事記日本書紀を合わせた略称
※文学に現はれたる我が国民思想の研究(1916‐21)〈津田左右吉〉貴族文学の時代「記紀の神代史は〈略〉民族の起源や由来などを説いたものでは無い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「記紀」の解説

記紀
きき

『古事記』と『日本書紀』のこと
たとえば「応神記」とあれば『古事記』の応神天皇記述,「応神紀」とあれば『日本書紀』のそれを表す。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android