麦扱き(読み)ムギコキ

デジタル大辞泉の解説

むぎ‐こき【麦扱き】

麦のをこき落とすこと。また、その道具 夏》「僧の頭(づ)に―の音絶間なし/竜太」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むぎこき【麦扱き】

( 名 ) スル
麦の穂から実をこき落とすこと。また、そのための農具。 [季] 夏。 「 -機」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の麦扱きの言及

【千歯扱き】より

…長さ50cm程度の横木に,長さ15~20cmの細い帯板(歯)を並べて取り付け,それに穀粒をひっかけて脱穀する用具(イラスト)。作物により帯板どうしの間隔が異なるため,稲扱き,麦扱きと呼びわけることがあるが,イネ用が中心であったため,稲扱きのみを示す場合が多い。ほかにダイズ用などもあった。…

※「麦扱き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android