コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄山谷 コウサンコク

世界大百科事典内の黄山谷の言及

【黄庭堅】より

…洪州分寧(江西省)の人。ふつうは号(山谷道人)によって黄山谷と呼ばれる。新法党が優勢であった時代を生きたために,旧法党に属した彼は政治的に不遇であった。…

【中国文学】より

…中国の文字で書かれた記録・資料の最も古いものは,紀元前13世紀にさかのぼる。その時代から現代にいたるまで約3000年間の文学の発展を五つの時期に分けて述べよう。
【古代(西周および春秋戦国時代――前11~前3世紀末)】
 中国文学の源流は二つある。一つは史官の文学,他は巫(ふ)の文学である。文字(漢字)が作り出されたのはごく古く,前20世紀以前だと思われる。今日残存する最古の記録は殷代の〈卜辞(ぼくじ)〉であるが,それに用いられた漢字は単純な絵文字ではなく相当進歩した段階にあった。…

※「黄山谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

黄山谷の関連キーワード芭蕉(俳人)柴田 政太郎湯川梧窓尾形光琳三酸図俊芿

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android