コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄梅院(円覚寺) おうばいいん

世界大百科事典内の黄梅院(円覚寺)の言及

【円覚寺】より

…この間に当代一流の禅僧が住持に入り,寺中に塔頭が作られ,その数は50以上にものぼった。なかでも夢窓国師の黄梅院は関東夢窓派の中心として勢力をもった。永享の乱以降は衰微し,86年(文明18)ごろには仏殿が再建されたが,これも1563年(永禄6)には焼失している。…

※「黄梅院(円覚寺)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android