コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄梅院(大徳寺) おうばいいん

世界大百科事典内の黄梅院(大徳寺)の言及

【雲谷等顔】より

…主家滅亡後,画家となったものとみえ,天正年間(1573‐92),佐世宗孚を寄親(よせおや)として,広島城主毛利輝元に,知行200石で召し抱えられた。1588年筑前に移封された小早川隆景の名島城の襖絵と伝える《梅に鴉図》(京都国立博物館)があり,同年新造の大徳寺塔頭(たつちゆう)黄梅院(小早川・毛利家外護)には,《山水図》《竹林七賢図》《芦雁図》などの障壁画が残るので,遅くとも40歳前後には,独自の風格ある画境を確立していたといえる。画風は雪舟流の水墨山水を,桃山的な大画面様式に適応させたもので,師承関係は明らかでないが,中国・北九州地方にあって,雪舟系統の作家・画跡に学び,京都で狩野派に学んだものであろう。…

【大徳寺】より

…真珠庵には曾我蛇足筆といわれる《山水図》《花鳥図》(ともに室町時代,重要文化財)が,聚光(じゆこう)院には狩野永徳筆とされる《花鳥図》などの方丈障壁画(国宝)がある。伽藍の南にある竜源院の本堂(重要文化財)は大仙院本堂に次ぐ古さで,黄梅院の庫裏(1589,重要文化財)は年代の判明する禅宗塔頭庫裏では最古の遺構であり,また同時期の方丈(1588,重要文化財)とそろって残る例として珍しい。伽藍の西に所在する高桐(こうとう)院には《山水図》(南宋時代,国宝),竜光院には燿変天目茶碗(南宋時代,国宝),小堀遠州の設計になる四畳半台目茶室密庵(みつたん)(密庵席)をもった書院(江戸初期,国宝),孤篷(こほう)庵には古来より大名物として知られる井戸茶碗(銘喜左衛門。…

※「黄梅院(大徳寺)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone