コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄道傾斜角 こうどうけいしゃかく

大辞林 第三版の解説

こうどうけいしゃかく【黄道傾斜角】

天球上の赤道と黄道との傾斜角。約23度26分。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黄道傾斜角の言及

【章動】より

…章動の用語は,中国の古代に,19年間に7回の閏日を入れて,季節と月の朔望を合わせた暦法があり,19年を1章と呼んだことに由来する。主要章動は長径約9.″21,短径約6.″96の反時計回りの楕円を描く(図のεは地球の軌道面と地球の赤道面のつくる角度で,黄道傾斜角と呼ばれるもの)。天文章動には,長い間S.ニューカムの決めた数値を定数として使ってきたが,1984年から新定数に改められることになった。…

※「黄道傾斜角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄道傾斜角の関連キーワード赤道黄道

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android