コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒呪術師 くろじゅじゅつ

世界大百科事典内の黒呪術師の言及

【医学】より

…そして逆に,このことがさらに専業を助けることにもなる。呪術師については,民族学者が注目した黒呪(魔)術師と白呪(魔)術師の区別は,援助の倫理性について歴史を超える問題を示すものとして興味ぶかい。つまり,黒呪術師が,依頼者の私的な要求,とくに社会的に非難さるべき要求をも引き受けて,その知識・技能を用い,人をのろうことをもするのに対して,白呪術師は社会的に承認された要求のみを援助する。…

※「黒呪術師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android