コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢浮木 くろさわふぼく

世界大百科事典内の黒沢浮木の言及

【鉱山】より


[鉱山書]
 鉱山の経営・管理は特別の知識と能力を必要としたので,まずその立場からの鉱山書がつくられた。秋田藩士黒沢浮木の《鉱山至宝要録》(1691)が最初のものである。ついで鉱山学的な見地から佐藤信景《山相秘録》(18世紀前半),採鉱・冶金の生産記録に基づいた報告書《独歩行》(19世紀初め)などが書かれた。…

※「黒沢浮木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。