コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒鉛繊維 こくえんせんいgraphite fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒鉛繊維
こくえんせんい
graphite fibre

炭素繊維の一種。有機繊維 (ポリアクリロニトリルセルロースなど) を 800~1200℃で焼成した炭素繊維をさらに 2500~3000℃で熱処理した無機質人造繊維。炭素含有率はほぼ 100%に近く,繊維方向への結晶配向性がよい。他の炭素繊維に比べ強度的にはやや劣るが,特に高い弾性率をもち,耐熱性と電気伝導性のほか,耐化学薬品性,耐油性にすぐれる。複合材としてゴルフシャフト,テニスラケットなどの部品とか高温用材料に使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android