一種(読み)いっしゅ

精選版 日本国語大辞典「一種」の解説

いっ‐しゅ【一種】

〘名〙
① 一つの種類。ひといろ。
※性霊集‐一(835頃)徒懐玉「夏月涼風、冬天淵風、一種之気、嗔喜不同」
※平家(13C前)六「毎日に一種をば、入道相国のもとへ送られけり」 〔詩経疏‐召南・采蘋〕
② 同一の種類。同様のもの。また、同一種の中をさらに細かく分けたものの一つ。
※令集解(868)僧尼「古記云、苦使、謂役使一種也」 〔慧皎‐高僧伝・神異・宋京師杯度〕
③ (多く、「の」を伴って) どことなく異なってはいるが、その中に含めてもよいと思われる、ある種類。
※史記抄(1477)一四「一種の薬の名であるやうなぞ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「一種の贅沢がして居たいのである」 〔梁簡文帝‐詠美人観画詩〕
④ (副詞的に用いて) どことなく他とちょっと異なっているさま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉七「情痴(のろけ)に似て情痴にあらざる一種(イッシュ)奇妙不可思議の話しだ」
⑤ (ひといろの肴(さかな)の意から) 酒の肴(さかな)。〔易林本節用集(1597)〕
⑥ 通常郵便物の一つで、封緘(ふうかん)した手紙など。第一種郵便物。
⑦ 自動車の運転免許の一つで、旅客運送に関係しない普通の運転が許されるもの。第一種運転免許。

ひと‐くさ【一種】

〘名〙 一つの種類。ひといろ。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「指貫を脱ぎて奉り給へば、『否や、今一くさを』との給へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一種」の解説

ひと‐くさ【一種】

一種類。ひといろ。
「ただ荷葉(かえふ)を―合はせ給へり」〈・梅枝〉

いっ‐しゅ【一種】


㋐一つの種類。ひといろ。
㋑同類の中で、少し異なるもの。「イルカはクジラの一種である」
ある意味で、ほぼ同類と思われるもの。「彼は一種の天才である」
(副詞的に用いて)どことなく、また、ちょっと他と異なっているさま。「一種独特の書体」「一種異様な雰囲気」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android