007黄金の銃をもつ男

デジタル大辞泉プラス「007黄金の銃をもつ男」の解説

007/黄金の銃をもつ男

英国の作家イアン・フレミングのスパイ小説(1965)。原題《The Man with the Golden Gun》。「007/ジェームズ・ボンド」シリーズ。1974年、ガイ・ハミルトン監督、ロジャー・ムーア主演で映画化(邦題『黄金銃を持つ』)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android