007/黄金の銃をもつ男

デジタル大辞泉プラスの解説

007/黄金の銃をもつ男

英国の作家イアン・フレミングのスパイ小説(1965)。原題《The Man with the Golden Gun》。「007/ジェームズ・ボンド」シリーズ。1974年、ガイ・ハミルトン監督、ロジャー・ムーア主演で映画化(邦題『黄金銃を持つ男』)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報