1対1の写像(読み)いちたいいちのしゃぞう

世界大百科事典内の1対1の写像の言及

【写像】より

…そこで,f(A)=Bが成り立つとき,すなわち,Bのどの元bについても,bfの値とするAの元aが,少なくとも一つ存在するとき,fAからBへの全射,あるいはAからBの上への写像であるという。また,写像fABが,Aの任意の異なる2元a,a′に対し,それぞれ異なるfの値を定めているとき,つまり,aa′なら,f(a)≠f(a′)であるとき,fAからBへの単射,あるいはAからBへの1対1の写像であるという。写像fABが,全射かつ単射であるとき,fAからBへの全単射であるという。…

※「1対1の写像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android