2成分法(ジアソタイプ)(読み)にせいぶんほう

世界大百科事典内の2成分法(ジアソタイプ)の言及

【ジアゾタイプ】より

…画像の色は現像液中のフェノール化合物(カップラー)の種類に応じて褐色,紫色,青色,赤色など種々得られ,複数のカップラーを使えば黒に近い色像が得られる。また,カップラーをジアゾニウム塩とともに紙に塗布して感光紙を作ればアンモニアガスや塩基溶液で現像することができ,この方式を2成分法という。さらにカップラー,ジアゾニウム塩とともに熱によって塩基を放出する化合物を感光紙に含有させると,焼付けののち加熱によって現像することができ,材料の処理が乾式になる。…

※「2成分法(ジアソタイプ)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android