コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選挙公営 せんきょこうえい public management of election

6件 の用語解説(選挙公営の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選挙公営
せんきょこうえい
public management of election

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で考え出された制度。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

選挙公営

選挙に金がかかることと、財力によって選挙の公平性が失われることを防ぐために、国や地方公共団体が選挙の費用の一部を負担することを選挙公営という。選挙の種類によっても異なるが、投票記載所の氏名の掲示、ポスター掲示場の設置、選挙公報の発行、個人演説会の公営施設使用、選挙用自動車の使用、通常はがきの交付、ビラやポスターの作成、新聞広告、政見・経歴放送、交通機関の利用などが含まれる。

(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんきょ‐こうえい【選挙公営】

公正な選挙を行うために、国または地方公共団体選挙運動に対して各種の便宜を与え、その費用を負担する制度。新聞広告・政見放送立会演説会選挙公報の発行などが認められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

選挙公営【せんきょこうえい】

選挙運動に対して国または地方公共団体が,種々の便宜を与え,その経費を負担する制度。現在日本では新聞広告,政見放送,経歴放送,公営施設使用の個人演説会,選挙公報の発行などが公営とされている。
→関連項目選挙運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんきょこうえい【選挙公営】

選挙運動にかかる費用の高額化を回避し,同時に,経済力の劣る候補者にも最低限の平等な選挙運動の機会を保障するために,国や地方自治体が,候補者に郵便,放送などの公的施設の利用を認めたり,候補者の人物,政策などの周知を図って公報を頒布したり,選挙運動経費の一部を負担したりすること。選挙公営は諸外国でも広く実施されているが,日本でも1925年以来しだいに拡充されており,現行の選挙公営の施設としては,選挙用無料郵便はがきの交付,ポスター掲示場の設置,新聞の無料広告,選挙放送(政見放送,経歴放送),立会演説会の公営,個人演説会施設の公営および無料使用,選挙公報の発行,交通機関の無料使用などが挙げられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

選挙公営
せんきょこうえい

国または地方公共団体が候補者の選挙運動に対して各種の便宜を与え、その経費を負担する制度。日本では1925年(大正14)に始まり、それ以来しだいに拡充されてきた。現行制度としては、〔1〕選挙管理委員会が実施するものとして、ポスター掲示場の設置、選挙公報の発行、〔2〕施設提供として、個人演説会の公営施設使用、〔3〕公費で経費を負担するものとして、選挙用葉書、選挙運動用ビラ・ポスター、新聞広告、政見放送および経歴放送、選挙運動用自動車の使用、交通機関の無料乗車券などがある。選挙公営の本来の趣旨は、金のかからない選挙の実現と各候補者間の選挙運動の機会均等を図ることにあるが、現行制度においては、公営化に伴い公営以外の選挙運動の自由が大幅に禁止・制限されていること(たとえば法定外文書図画の頒布の禁止ないし制限)、小政治勢力に不利であること(たとえば法定得票に達しない候補者からは公営に要した費用の一部が取り立てられる)などの問題がある。[三橋良士明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の選挙公営の言及

【公職選挙法】より

…したがって,選挙期間中の選挙活動費用を制限しても政治活動費用として支出が可能である限り,あまり意味のないものとなっている。選挙運動
[選挙公営]
 以上のように,選挙運動に厳しい規制が加えられている一方,国および地方公共団体が立候補者に対して各種の便宜をあたえ,費用を負担する選挙公営化が図られている。選挙はがきの支給,選挙公報,政見放送などはその例である(167条など)。…

※「選挙公営」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

選挙公営の関連キーワード物流コスト選挙違反入費後処理費用諸謝金選挙運動費用選挙費用の公費負担制度選挙運動費用収支報告書選挙運動費用収支報告書の提出選挙運動に関わる収入の不記載

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

選挙公営の関連情報