20世紀音楽(読み)にじつせいきおんがく

世界大百科事典内の20世紀音楽の言及

【現代音楽】より

…〈現代音楽〉という用語は,ジャズや流行歌など大衆音楽の分野では用いられず,広義には20世紀の芸術音楽,狭義には第2次世界大戦後の芸術音楽を意味する。ここではまず,20世紀音楽の特質を歴史的展開に則して述べ,次いでその多様なあり方について論じる。
【20世紀の芸術音楽の歴史的展開】
 あらゆる面での価値体系の変動を引き起こした二つの世界大戦を座標軸とし,第1期(1900‐18),第2期(1918‐45),第3期(1945‐)の三つの時期に区分される。…

※「20世紀音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

20世紀音楽の関連情報