3Dグラフィックス(読み)スリーディーグラフィックス

パソコンで困ったときに開く本の解説

3Dグラフィックス

縦、横、奥行き、三次元(3D)のデータを使って描いた、立体感のある映像のことです。同じ場面を、視点を動かして好きな角度から見ることができます。主にゲームで使用されますが、他にも、地球儀ソフト「グーグルアース」のように地図上の場所を3Dで描く、建築や設計の分野設計図のデータから3D画像を作って外観を検証するなど、利用範囲は広いです。また、左右の目に少しずれた映像を見せることで画面を立体的に見せる技術も「3D」です。前者と区別する際には「3Dステレオ」と呼ぶことがあります。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android