コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Adrian,E.D. AdrianED

世界大百科事典内のAdrian,E.D.の言及

【感覚野】より

…各領域の面積は,それぞれの部位の神経支配の密度を反映して,口唇や舌,手指でとくに広くなっている。動物の感覚野の体部位局在はエードリアンE.D.Adrianがネコで誘発電位を記録して調べたのが初めで,そのさい第一次体性感覚野(SI)に続いてもう一つ,第二次体性感覚野(SII)があることがわかった。サルでもウールジーC.N.Woolseyらによって体部位地図がつくられ,SIよりさらに外側の頭頂弁蓋部にSIIがあることが確認された。…

※「Adrian,E.D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Adrian,E.D.の関連キーワードモロダーガブリエリベネチア楽派ダンセイニハドリアヌス6世ロンバハキング・クリムゾンダンロップ・ホールディングスデュポン(化学会社)トーキング・ヘッズ