コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Aksakov,I.S.(英語表記)AksakovIS

世界大百科事典内のAksakov,I.S.の言及

【アクサーコフ兄弟】より

S.T.アクサーコフの子。兄コンスタンティンKonstantin Sergeevich Aksakov(1817‐60)はスラブ派の思想家,文学者で,〈権力はツァーリに,言論は民衆(ナロード)に〉をモットーとして,両者の相互不可侵の共存関係を理想化した。アレクサンドル2世への上奏文《ロシアの内情》(1855)の中で彼は,政治権力を必要悪とする立場から,専制的国家体制の存続を認める一方,民衆(=農民)の自律的な共同体原理にもとづく国の有機的統一体(ゼムリャー)の回復を訴え,また,権力と民衆との共存を保障するためツァーリの諮問機関として全国議会(ゼムスキー・ソボル)の設置を提案し,その前提として民衆に言論の自由を与えるよう求めた。…

※「Aksakov,I.S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android