コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Amīr al-Mu'minīn AmiralMuminin

世界大百科事典内のAmīr al-Mu'minīnの言及

【カリフ】より

…その時〈神の使徒(すなわちムハンマド)の代理〉という意味でハリーファ・ラスール・アッラーkhalīfa rasūl Allāhと称したのがカリフの呼称の最初である。第2代のウマル1世は,このアブー・バクルの代理ということで,最初〈神の使徒の代理の代理khalīfa khalīfa rasūl Allāh〉と称したが,称号が長くなって不便なので,途中から〈信者の長〉の意味のアミール・アルムーミニーンAmīr al‐Mu’minīnを用いた。その結果,以後のカリフはほとんどすべてこれを称号としており,史料に出るのもこれで,ハリーファではない。…

※「Amīr al-Mu'minīn」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Amīr al-Mu'minīnの関連キーワードクリアランス比の公式ヤマハ YZ400Fヤマハ YP250マジェスティ心係数ドロミューSI接頭語阿那含ミノア文明

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android