コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Amiota variegata Amiotavariegata

世界大百科事典内のAmiota variegataの言及

【メマトイ(眼纏)】より

…特定の昆虫を指すのではなく,人間の眼のまわりにまとわりつく昆虫の総称で,小型のハエが多い。日本での代表的な種は,春先に森林の内外でしつこく眼にまとわりつくクロメマトイCryptochaetum grandicorne(カイガラヤドリバエ科),同じく森林内に多いマダラメマトイAmiota variegata(ショウジョウバエ科)の2種である。眼に飛来するのは涙をなめるためといわれている。…

※「Amiota variegata」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Amiota variegataの関連キーワードメマトイ(眼纏)ショウジョウバエメマトイリュウゼツラン(竜舌蘭)ペペロミアクイナモドキ(秧鶏擬)クリプタンサスゲットウ(月桃)サクラランバウヒニア