コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ansarīya Ansariya

世界大百科事典内のAnsarīyaの言及

【シリア】より


【自然】
 国土は山脈と谷間とからなる西側の狭い地域と,東に向かって緩やかに傾斜する広大な台地の東側とに分かれる。北西には南北に走るアンサリーヤAnsarīya山脈(アラウィー山脈Jibāl al‐‘Arawīyīna)があり,その西側面はなだらかに海へ降下し,狭い沿岸平野が開けている。この山脈の東側は急斜面をなし,これに接してオロンテス川が緩やかに蛇行し,平底の谷とカーブ湿地の陥没流域が開けている。…

※「Ansarīya」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ansarīyaの関連キーワードアスバト・アル・アンサールアンサール・アル・イスラムアンサール・アル・シャリーアアンサール・ウル・イスラムアンサール・ディーンチュニジアのアンサール・アル・シャリーアデルナのアンサール・アル・シャリーアベンガジのアンサール・アル・シャリーア

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android