Arum italicum(英語表記)Arumitalicum

世界大百科事典内のArum italicumの言及

【アルム】より

…仏焰苞につつまれた肉穂花序は基部に雌花,次いで不稔の中性花,雄花がつき,先端部は大きな付属体になっている。栽培や利用されている種にはArum italicum Mill,A.maculatum L.などがある。特異な仏焰苞と花序のため,時に観賞用に栽培されるが,ヨーロッパでは古くから脳溢血(のういつけつ)などの薬として有効と信じられてきた。…

※「Arum italicum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる