コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Atriplex Atriplex

世界大百科事典内のAtriplexの言及

【ハマアカザ(浜藜)】より

…北日本の海岸の砂地に普通にみられるアカザ科の一年草(イラスト)。本州では日本海側の海岸に多く,朝鮮,東シベリア,サハリン,千島列島にも分布する。茎は高さ40~60cm。外見はシロザに似ているが,葉は厚くやや多肉質である。葉は三角状卵形~三角状長卵形で,縁に欠刻状のふぞろいの鈍鋸歯があることが多い。長さ2~6cm,幅1~2.5cm。花は単性花で雌雄同株。花期は8~10月で,雄性先熟である。雄花と雌花は混生して穂をつくり,雌花は花被をもたず,2枚の向かいあった苞葉に包まれる。…

※「Atriplex」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Atriplexの関連キーワード浜藜

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android