BL 公社(読み)びーえるこうしゃ

世界大百科事典内のBL 公社の言及

【自動車産業】より

…自動車の生産,販売,利用の各段階で活動している産業。具体的には,生産段階における自動車・同付属品製造業,自動車タイヤ・チューブ製造業,販売段階における自動車卸売業,自動車部分品・付属品卸売業,自動車小売業,利用段階における自動車整備業などがあげられる。 自動車産業は裾野が広く,鉄鋼,非鉄金属,プラスチックの素材産業,燃料をつくる石油精製業,燃料販売業(ガソリン・スタンド)など関連する産業が非常に多い。…

【BL[会社]】より

…本社ロンドン。BL公社ともいう。前身は,1968年にブリティッシュ・モーター社British Motor Holdings Ltd.(1952年オースティン社とモーリス社の合併で誕生)とレーランド・モーター社Leyland Motor Corp.の合併により設立されたブリティッシュ・レーランド・モーター社British Leyland Motor Corp.(BLMC)である。…

※「BL 公社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android