Bahmanyār b.al-Marzubān(英語表記)BahmanyarbalMarzuban

世界大百科事典内のBahmanyār b.al-Marzubānの言及

【イブン・シーナー】より

…しかしながら,彼が晩年に目指した神秘主義哲学に関する著作は,散逸し全貌を知ることができない。彼の存在の研究は,弟子のバフマンヤール・ブン・アルマルズバーンBahmanyār b.al‐Marzubān(?‐1067)らに継承され,やがてモッラー・サドラーらの後期イスラム思想家たちにおいて開花する。また形而上学,医学の著書は,中世,西欧にラテン語訳され,トマス・アクイナスの存在論・超越論に大きな影響を与えた。…

※「Bahmanyār b.al-Marzubān」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android