Bahnsen,J.(英語表記)BahnsenJ

世界大百科事典内のBahnsen,J.の言及

【性格】より

…その後生理学の進歩とともに体液と気質との関連づけは否定されるようになったが,気質の4類型は長く用いられた。 〈性格学〉という名称を最初に用いたのはドイツの哲学者バーンゼンJ.Bahnsenであり,1867年のことである。これは主としてドイツ語圏で発展し,哲学的傾向がみられるのが特徴的である。…

※「Bahnsen,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android