コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bajamonti,J. BajamontiJ

世界大百科事典内のBajamonti,J.の言及

【ユーゴスラビア】より

…アドリア海に面しているダルマツィア地方,オーストリアやハンガリーに接するスロベニア,クロアチア地方の音楽文化は,早くからイタリアのルネサンスおよびバロック音楽やウィーン古典派の影響を受けていた。18世紀の音楽活動の中心地はアドリア海に面したダルマツィアの都市ドゥブロブニクで,ソルコチェビッチLuka Sorkočević(1734-89)やバヤモンティJulije Bajamonti(1744-1800)らの作曲家が活躍していたが,19世紀になると活動の中心はクロアチアの首都ザグレブに移り,そこでは,ハプスブルク帝国の支配に抗して民族独立を願うスラブ・ナショナリズムの精神を背景にした国民主義のオペラや愛国主義を鼓舞する合唱曲が,リシンスキVatroslav Lisinski(1819-54),ザイツIvan Zajc(1832-1914),イェンコDavorin Jenko(1835-1914)らの作曲家によって書かれていた。 一方,長くトルコの支配下にあったセルビア,マケドニアなど南東地域に西欧音楽が導入されはじめたのは,トルコから独立を獲得した1830年以降で,スタンコビッチKornelije Stanković(1831-65),モクラニャツStevan Mokranjac(1856-1914)らがセルビア正教会の教会音楽の伝統を生かした多くの作品によって,セルビアの近代音楽の確立に貢献した。…

※「Bajamonti,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone