コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bergel'son,D. BergelsonD

世界大百科事典内のBergel'son,D.の言及

【ソビエト文学】より

…これらの地域は遊牧民が多く文盲率も高かったので,ソビエト革命の文化的恩恵を最も多く受けたといってよく,数多くのすぐれた作家がソビエト時代に入って生まれている。
[少数民族の文学]
 革命まで文学をもたなかった民族に作家が生まれるという場合(チュクチ族のルイトヘウYurii Rytkheu(1930‐ )など)もあるが,文学的には,主としてイディッシュ語で書かれるユダヤ人文学(イディッシュ文学)が重要であり,シャローム・アライヘム以下,ソビエト期にも詩のマールキシ,散文のベルゲリソンDavid Bergel’son(1884‐1952)らが登場するが,多くスターリン時代の反ユダヤ政策の犠牲となった。【川端 香男里】。…

※「Bergel'son,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Bergel'son,D.の関連キーワード本田 竹広同音語舞曲ヘルツォーク(Werner Herzog)ショーン スチュワートヴェルナー ヘルツォーククロイツェルソナタ霊山寺父称玉山祠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android