コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Biermann,L. BiermannL

世界大百科事典内のBiermann,L.の言及

【彗星】より

… タイプIの尾は気体であって,一酸化炭素イオンCOが含まれ,スペクトルには紫色から緑色の波長域に強い輝線群を示す。太陽の光圧を受けてコマから出た気体は“太陽風”と呼ばれる荷電粒子の流れにのって,秒速200~1000kmの速さで吹きながされているとの考えを,1950年にドイツのビールマンL.Biermannが唱えた。尾の長さは3億kmを超すものもあった。…

※「Biermann,L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android