コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Billetdoux,F. BilletdouxF

世界大百科事典内のBilletdoux,F.の言及

【フランス演劇】より

…女優で夫人のマドレーヌ・ルノーと結成したルノー=バロー劇団は,戦後40年間のフランス演劇の重要な部分を体現してきた。クローデルのほかに,カミュ,サラクルー,モンテルラン,コクトー,アヌイからイヨネスコ(《犀(さい)》),ベケット(《美わしの日日》《わたしじゃない》),ジュネ(《屛風》)を経て,ビエドゥーFrançois Billetdoux(1927‐91)やM.デュラス(《一日中木立の中で》《イギリスの恋人》)等に至る新しい劇文学の上演を果たすとともに,他方では,モリエール(《人間嫌い》),ラシーヌ(《ベレニス》《アンドロマック》),マリボー(《偽りの告白》),シェークスピア(ジッド訳《ハムレット》)等の古典の新演出により,カルテルの最も正統かつ偉大な継承者となった。 バローより少し年少で同じくデュラン門下のビラールは,工場労働者や地方学生という〈民衆的観客〉の組織・動員に力を注ぎ,そのために,ジェラール・フィリップ,マリア・カザレス,アラン・キュニーら,映画でも知られた若いスターと自身俳優でもあるビラールによって,コルネイユ(《ル・シッド》),モリエール(《ドン・ジュアン》)からユゴー(《ルイ・ブラス》),ミュッセ(《ロレンザッチョ》),シェークスピア(《マクベス》)からクライスト(《ホンブルクの公子》)に至る古典の記念碑的上演をした。…

※「Billetdoux,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone