コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bock,E. BockE

世界大百科事典内のBock,E.の言及

【リッテルマイヤー】より

…また22年にはキリスト教と人智学の結合をめざす宗教団体〈キリスト者共同体Christengemeinschaft〉を設立,みずから最高指導者となって新しいキリスト教改革運動を展開した。これは一時はナチスによる弾圧を受けたが,彼の死後もボックEmil Bock(1895‐1959)らに引き継がれ今日なお存続している。《R.シュタイナーとの出会い》(1928),《神学と人智学》(1930),《キリスト》(1937)ほか著作も多い。…

※「Bock,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Bock,E.の関連キーワードボックの砲台ルクセンブルクの憲法広場ブルンフェルスリチャード ボック

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android