コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bowley,A.L. BowleyAL

世界大百科事典内のBowley,A.L.の言及

【フィッシャーの理想算式】より

I.フィッシャーはそのための基準として,時点転逆テスト――たとえば基準年次から比較年次までに物価が2倍になっていれば,逆に比較年次を基準にすれば,先の基準年次の指数は1/2になっていなければならない――と要素転逆テスト――価格×数量=金額であるから,指数についても,物価指数とそれと同じ方式で計算された数量指数をかけたものは金額指数に等しいという関係が成立していなければならない――などのいくつかのテスト基準を考えた。ラスパイレス算式とフィッシャー算式は上の二つのどれも満たさないが,ボーリーArthur Lyon Bowley(1869‐1957)が考察したラスパイレス算式による指数とパーシェ算式による指数の幾何平均をとって指数とする方式は上の二つのテストに合格することから,フィッシャーはこれを理想算式と呼んだ。しかし,彼が提示したテストはすべて指数算式の形式的な性質を吟味するだけのものであって,指数の実質的な意味をそこに見いだすことはできない。…

※「Bowley,A.L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone