コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Brown,W.W. BrownWW

世界大百科事典内のBrown,W.W.の言及

【黒人文学】より

…黒人文学というおおまかな概念に包括されうるものの内容は,広範かつ複雑であり,またこうした社会学的な区分けとは別に,例えば〈アメリカ黒人文学〉というような呼称がはたして意味があるのか,そもそも〈黒人文学〉というジャンルを措定することが文学批評の立場から考えて正しいものかどうか,といった疑問がたえず提起されている。
[アメリカ合衆国の場合]
 アメリカ黒人の文学の発祥は18世紀半ばの少数の詩作品にまでさかのぼるが,最初の小説はブラウンWilliam Wells Brownの《クローテル――大統領の娘》(1853)である。20世紀に入って職業作家の出現が少数ながら見られたが,1920年代にはニューヨークのハーレムを中心に,〈ニグロ・ルネサンス(ハーレム・ルネサンス)〉と呼ばれる活発な文芸活動が始まり,この勢いは第2次大戦後の状態の基礎になった。…

※「Brown,W.W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Brown,W.W.の関連キーワードペン(Irving Penn)ABB[会社]褐炭ハリスティック・キュームレイト美波KatyaP.GabrielaFernandaG.KateMa.

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android