コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Brunner,J.T. BrunnerJT

世界大百科事典内のBrunner,J.T.の言及

【モント】より

…1862年にイギリスに渡り,67年同国に帰化し,ウィドネスでルブラン法による炭酸ソーダ製造で廃棄される硫黄の回収技術を確立,これを工業化した。72年にはベルギーの工業化学者E.ソルベーからソルベー法(アンモニアソーダ法)による炭酸ソーダ製造のイギリス使用権を得て,ブランナーJ.T.Brunnerと共同でアルカリ工業を興し,81年ブランナー・モンド会社を創設した。84年以降の塩素回収研究からニッケルカルボニルを発見,これを使ってニッケル精錬法(モンド法)を確立,また89年に発生炉ガス(モンドガス)を発明,それぞれの分野で会社を設立し富を築いた。…

※「Brunner,J.T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Brunner,J.T.の関連キーワードモントICIマクルウェインエミール ブルンナー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android